子供は保育園と幼稚園どっちに行くべき?メリット・デメリット

子育て中のママさんでは今後保育園か幼稚園かどちらが良いのか迷われる方も多いようです。小学校の先生いわく、入学したときにはどちらに通っていたかすぐに分かると言っていましたがそれには行動によって違いがでるとも言われています。どちらが将来的に良いのか決めることは難しく学期が変わる頃には皆同じようになり、その後は家庭環境によって変わるものだとされているからでもあります。

 

ここでは保育園と幼稚園のメリット、デメリットを口コミ評判、体験談など交え紹介したいと思います。保育園は厚生労働省管轄の福祉施設で働く親の救世主となるところでもあり、幼稚園は文部科学省が管轄する教育施設では子どもの成長を身近で感じることができるところでもあります。

 

一人で何でもできちゃう保育園

 

メリット
・自分で何でもできるようになり、自立心が育つ
・幼い頃のトイレトレーニングも園がしつけてくれるのでストレスを感じることがない
・長い時間預かってもらえるので仕事をしながら子育てができる
デメリット
・習い事する時間がない
・子どもがさみしい思いをする
・保護者同士のつながりがないため保育士からの情報のみとなる

 

就学前の準備も完璧幼稚園

 

メリット
・子どもと過ごす時間があり習い事することもできる
・文字や数字、絵画、制作、音楽、英語など園によって取り組んでいるところが多い
・保護者同士で情報交換ができる
・発表会やイベントが多くあり園での成長ぶりを見ることができる
・カリキュラムがありその中で行動するため小学校に近い環境でもある
デメリット
・親同士の交流が苦手な人には負担となる
・私立になると入園費や制服代、教材費、月謝が高い

 

働くママが多いなか近年では保育園不足も社会問題とされていますが、認可されていないところも多々見られるようです。そして独自の教育方針で知育や知能発達の教育を取り入れたりするところもあるようです。幼稚園では保育園とはまた違くその園の教育理念のもと育ち学べる場でもあるようです。お母さんと一緒にいる時間の差もでてきますが、それは家に帰ってきてから十分お話し愛情を注ぐことで補えることでもあるようです。

 

どちらが良いとは一概には言えませんが、子どもとの触れ合いの時間を大切に考えているのなら幼稚園が良いかもしれません。なぜなら通う2年、3年では送り迎えから園での行事、親子での参加などたくさんあり一緒に過ごすことで卒園時には感慨深いものとなり、忘れない思い出となることも期待できるようです。