東大生が小さい頃にやっていた共通点・学習

日本で最高峰の大学と言えば東京大学と誰もが答えるのではないでしょうか。政財界、法曹界、研究機関などで活躍する人が多く見られ、近年では東大生の6人に1人が起業精神を持つとも言われているようです。経済産業省の調べでは2014年時点の東大発ベンチャー企業は196社で国内でトップでもあります。そして2位の京都大では84社となっており、その差は倍以上でもあることがわかります。

 

ライブドア創業者でも有名な堀江貴文も東大現役時に企業し成功した一人でもあり、現在では民間宇宙旅行ビジネスに参入しこれからの動向に期待できる人物でもあります。そして我が子がそんな東大生となることを夢みる親御さんもいるのではないでしょうか。そこで興味を引くのが東大生が小さい頃にやっていた共通点ではないでしょうか。

 

幼い頃から勉強ばかりしていた?何か習い事をしていた?子育て中のママさんやパパさんでは注目したいことでもあるようです。ここでは口コミ情報など交えてその実態を紹介したいと思います。とにかく賢く育って欲しい!頭を良くしたいと思っている親御さんは必読となっていますよ!

 

幼少期は勉強をしなかった?

 

小さい時の習い事の一つとして水泳スクールがあげられるようです。東大生となるために育てるのではなく心身を鍛えるためとして定番でもあり人気のあるスイミングを習わせる親が多いようです。そしてもう一つはピアノとされているようです。幼い頃に音楽や楽器に触れ親しむことで脳の活性化となることは近年では知られており、東大生の中には楽器を演奏できる人も多くいることで幼児期の音楽と脳との密接な関わりが実証されることでもあるようです。

 

頭が良くなったのはピアノのおかげと認識している人も多いようです。早期教育のために幼児教室に通ったという人はほとんど見られない結果でもあり、日本一頭の良い大学と知られている学生も意外にも幼少期ではエリート的教育を受けることなく伸び伸びと育てられていたようです。

 

そしてその様な習い事をすることで日常では経験できない体験をさせる機会をつくること、子どもの可能性を信じ世界を広がせてあげる環境を提供してあげることを目的としていることでもあるようです。そのため練習をすることで目標や試験に合格するなど達成感を味わうことができ自立心や向上心を養うことができるとされています。そして違った環境では視野も広がり未知なる可能性も発見できる場ともなるようです。

 

東大生の幼い頃の親の教育方針で共通していることでは強制的ではないことが言えるようです。自分から進んで何かを取り組む姿勢がスポーツであったり、勉強であったりと様々でもありますが自主性を育て見守ることも大切でもあるようです。