6歳以下の幼児の習い事で人気があるのは何?ママさん必見!

多くの家庭では子どもに習い事をさせているところは一般的でもあり、それも1つに限らず、2,3種類かけもちとして通わせているところも珍しくないようです。6歳以下の習い事として2人に1人は何かしら通う姿が見られるようで親は子供の可能性や潜在能力を引き出す目的であったり、得意分野を見つけ出すためなどの理由により幼い頃から体験させるようです。ランキングでみると上位3位までは男女関係なく同じものがランクインされているのが特徴的でもあるようです。ここでは6歳以下の人気のある習い事を紹介したいと思います。

 

幼少期の音感を鍛えるならピアノ教室、音楽教室

女の子のダントツ人気でもあり、今の親世代が子どもの頃自身も習っていたという経験から我が子にもという家庭も多いようです。そして近年では男の子の姿も多く見られるようになり、0歳からの教室もあり早くから音楽に触れさせることで音感を鍛えることもでき、脳の発達を促すともされています。そして子供にとって音楽は馴染みやすくとけ込めやすい環境でもあることから王道でもあるようですね。

 

男の子人気NO1のスイミング

昔からあり費用もそれほどかかるものでもないとして、女の子でも2位としており男女ともに人気のある習い事でもあります。心身ともに鍛えられ心肺機能の向上にも期待できるとして、現在活躍しているアスリートの多くの選手の中では幼少期に習っていたという経験をもつ人が見られるようです。

 

グローバル化社会に対応英語教室

近年では国際社会となり小学校の必須科目となることが決まり英語力の重要性が注目されていることから、早い段階で英語に触れさせ将来のために身につけさせようと考える親御さんが増えているようです。そのため必要性を感じることで何年か先では幼児期の習い事ランキング1位となることも予想されるのではないでしょうか。

 

 

小さい頃からの習い事は脳の活性化につながるとして将来の人生において欠かせない貴重な体験となることもあるようです。そして能力向上だけではなくコミニケーション力や協調性なども育むことも期待でき将来の就職の際や職場で役にたつことも考えられるようです。

 

その能力が仕事に結びつくことがないとしてもそこで育み備わったものは一生の財産となることもあるようです。しかし幼い頃では我が子の向きや不向きはわからずに何を習わせて良いのか迷う親御さんも多いようです。ですので体験などを通してまずは子供が楽しく親しみがもてるところがおすすめでもあるようです。

 

嫌がっている子どもを無理やり連れてくる光景も見られますが、続けることで何も得るものはなく今後の他への習い事にも影響がでることも考えられますので気をつけなければいけないようです。その時には見切りをつけて違うことに目を向けることも大切のようです。習い事をさせる目的を再確認し子どもが伸び伸びと楽しんで取り組めるものを選択してあげることも大切でもあるようです。