名門小学校受験で合格する子供の特徴・共通点

自宅のすぐ近くに市立の小学校があるのにわざわざ受験をして、一時間かけて通う小学校へ行かれる子ども見られます。その様に小学校受験はどこでも見られますが名門となるとやはり都内が多く存在するのではないでしょうか。その倍率は高いところでは20倍という狭き門となりその中で合格するには容易ではないことが想像できるのではないでしょうか。

 

そして入学することで大学に一直線でエスカレートで到達することができるとして親御さんも必死になって受験対策をすることでしょう。そこで名門小学校受験で合格する子の特徴としてあげられるものがいくつかあるようです。入学試験としてぺーパーテスト、行動観察、運動、制作、面接などが一般的となりぺーパーでは学校によって難易度が異なるとも言われているようです。

 

合格できる子供の共通点とは?

 

1.社会生活に対応できる基本が備わっている
早寝早起きしリズムある生活を送ることで自然に備わっていくものです。あいさつや返事、感謝の気持ちなど当たり前のことのようですが、親のしつけによってはできない子も多くいるようです。試験当日ではしつけの行き届いた子とそうでない子は試験官からはお見通しでもあるようです。ですので日常の心がけが必要となり当日だけ良ければという気持ちでは見透かされてしまうようです。

 

2.協調性がありコミニケーション力がある
試験の主な判断基準として5~10名といった少人数でのグループでの行動観察が最も高く評価されるとも言われています。指示をだしその後の子供たちの行動を観察し優れている子には高得点となるようです。それには友達を思いやる気持ちと仲間で何かを達成させるための行動力やまとめる力なども詳しく見られるようです。

 

3.思考力、想像力が優れている
テストでは数、図形、文字といったものだけではなくなぞかけ問題なども出されるところも多くあり、本当の答えがどうであれ子供の想像性や可能性など見る参考となるようです。そして制作や絵などを行うところもありその後の後片付けなども採点の一つとされるようです。

 

名門小学校受験に合格する特徴としてこの3つが総合的に優れていることが共通しているようです。教室でのテストの点はいつも優れているのに不合格となった子もいるようで、逆にぺーパーテストは苦手だという子どもが合格したということも良く見られる光景でもあるようです。学習能力が高くても基本の生活が身についていないことで落ちてしまうこともあるようです。

 

そして名門小学校受験対策として幼児教室に通う子供は当たり前となっており、近年では必要不可欠でもあるようです。志望校の情報はもちろんのこと試験対策から合格する特徴も把握していますので任せることで確率も高くなるようです。しかしやはり生活習慣は家庭でしか教えられないものもあり、親子の触れ合いから生まれるものは教室で望めるものではないものとなっています。教室と家族が一緒になって受験に挑むことで明るい未来が見えてくるのではないでしょうか。