絶対音感を目指す幼児教育について

子どもの習い事の中でもピアノや音楽教室は人気の一つでもあります。女の子のお稽古事としての認識も高かった頃もありましたが近年では多くの男の子も通う姿が見られるようになりました。音楽関係の仕事に憧れていたママさんが率先して習わせることも多いようですが、絶対音感を目指して幼児教育を始める人もいるようです。

 

音を聞いたときにその音の高さを記憶に基づいて絶対的認識する能力をいいます。音高感と音名との対応付けが強くある楽音を聞いたときに即座に音名、階名表記を使用して表現できる能力でもあります。そのため耳で知っているだけの曲を楽譜なしで正確に楽器で再現でき、一度聞いただけの曲を演奏することも可能となるようです。それでは絶対音感を目指す幼児教育とはどの様なものか口コミ評判を交え紹介したいと思います。

 

訓練なしでは0.1%の確率の絶対音感

 

生まれ持った才能という子もまれに見られるようですが、しかし現実には訓練が必要な能力でもあるようです。耳の急速な発達時期でもある赤ちゃんの頃から音楽に触れ合う環境を整え、8歳までにしか身につけられないとされているためその前からの教育が必要とされるようです。子供が盲目で生まれた際に音楽を聞かせ触れさせることで、絶対音感が自然と備わりプロの演奏家となったという人も国内のみならず海外でも見られます。目が見えない分耳で感じとることから、聴覚が以上に発達したとも言われているようです。

 

教室によっては絶対音感プログラムといったコースもあり将来その能力を必要と考えて受けさせる親御さんもいるようです。そして多くの有名音大やプロ演奏家として活躍されている人も排出しているところでもあるようです。8ヵ月からの入会が可能となっており、最も効率的に無理なく音楽的基礎力を身につけられるように年齢や発達段階に応じたカリキュラムが作成されるようです。

 

他には全国に多くの教室を展開しているところでは、0歳から親子と音楽に触れ合うことができるところでもあるようです。まず聞くことからはじめそして曲に合わせ体を動かしたり、遊びを摂り入れながら音楽を好きになることからとなるようです。そして年齢別での少人数でのグループでの活動となり、様々なカリキュラムの中でも絶対音感に注目した内容でもあるようです。

 

将来に必要な能力?メリットは?

 

◎音楽活動の様々な分野でもある作曲、演奏、編曲、観賞において大きな力を発揮する決定的な優れた能力

 

◎音大受験の聴音やソルフェージュの試験のときに有利となる

 

◎芸術の一つでもある音楽活動の選択肢が広がる

 

音楽に親しむだけではなく絶対音感に重視するということは、将来音楽関係の仕事と考えている人も多くいるようです。子どもの意志が将来どうなるかわかりませんが選択肢が広がることのメリットとして幼児教育をしているというママさんもいるようです。