結局、子供の勉強は何歳からスタートするべきか?

早期教育、幼児教育など早くから取り組む家庭が増えているなか、勉強はいつから始めれば良いの?疑問に思われるママさんもいることでしょう。幼児教室などではまだ幼い頃では知育を取り入れ知能や情操教育といった目的として行われ成長するに従って数や文字、図形なども学ぶ場ともなり、勉強の一部となるものも教わります。

 

しかしまだ幼い子にその様な教室に抵抗があるという方では自宅において少しづつ学ぶ環境をつくってあげることが大切でもあるようです。それでは結局、勉強は何歳からスタートするべきなのか興味ある親御さんも多いことでしょう。ここでは口コミ評判を交え適齢期やどんなことから始めれば良いか疑問にお答えしたいと思います。

 

勉強習慣は就学前には身につけたい!

 

小学校になると授業時間はたいてい45分と区切られているところが多く、その間はもちろん机の前に座っていなければなりません。習慣が身についていない子はたち歩いたり、落ち着きがなかったり、おしゃべりを始めたりと自分勝手な行動をとってしまう子もなかには見られるようです。ですので就学前には座ってお勉強するといったことを体に身につけたいことでもあります。

 

おすすめなのが通信教育でもありますが、成長に合わせて教材が毎月届きますので子どもも楽しみながら取り組むことができるようです。0歳からのもありますが、多くの人が3歳か4歳遅くても年長さんには始める家庭も見られるようです。それ以外での勉強を考えている場合には最初は遊び感覚のドリルなどを用意し鉛筆になれることから始めましょう。時間を決めるのではなく自由にやらせることも大切のようです。

 

子供の頃は好きなことでも集中することを持続することは、難しいことでもありますので無理強いすることのないよう始めたいものです。慣れてきたら今日はここまでやろうね!とルールを決めて進めることで勉強の習慣も身につくと考えられるようです。もっとやりたいという気持ちとなればそれは尊重してあげましょう。

 

そして中には自宅ではなく公文や学研など年少さんから通う姿も見られ、そこで学習に取り組み勉強の習慣を身につけさせる家庭も多く見られるようです。小学校入る前にはひらがな、カタカナ、数字などは最低でも読み書きできるように準備しておくことも大事でもあります。昔と違い近年では早くからの教育が当たり前の時代となっていますので1年生になったときに他の子とかなりの差を感じることで、劣等感を感じることも予想され学校嫌いとなることも考えられるようです。ですので小学校で習えば良いと考えるのではなく就学前の基本的なことは、親がしっかりと見て教育することも大切となります。