子供の食べ物の好き・嫌いを無くすには?

幼児の頃の偏食はたいていの人は経験したことがあると言う人もいるのではないでしょうか。そして大人になった時には自然と食べれるようになった!挑戦してみたら難なく食べれたという方もいることでしょう。そして子どもの頃に強く叱られた記憶があるという方もおり、学校の給食では一人残されお昼休み時間になっても泣きながら食べている姿を目にしたことも一昔前にはありました。

 

しかし現在ではアレルギー体質などもあり無理強いして食べさせるといったところは見かけなくなったようです。今子育て中のママさんの悩み事の一つとして子どもの食べ物の好き嫌いを無くすにはどうしたらよいか・・・。育児の中での不安となるものに我が子の偏食を直さなくてはと、特に完璧主義のお母さんには多いようです。

 

そして追い込まれていくうちにきつく叱ったり、手をあげたりとしては後々後悔するといった繰り返し行うことで育児ストレスとなってしまうことも考えられるようです。そうなると子供にも親にとっても良いことは一つもありません。ここでは悩みの種でもある子どもの好き・嫌いを無くす方法を検証してみました。

 

食べてもいないのになぜ嫌い?

 

特に幼児期では口にしていないにも関わらず嫌いという子や食べないという子が多く見られるようです。見た目や色、形、匂いなどにも敏感となり初めての食べ物を拒む子もいるようです。そして一口食べて吐き出してしまう子もいますが、慣れない味付けや刺激の強いものであったりとするとそこからその食材を嫌う傾向となることもあるようです。ですので、なるべく刺激の強いものは避け初めての食材は子どもの好きな普段慣れている味付けで食べさせる工夫をすることも大事でもあるようです。

 

一緒に料理をして、家族で美味しくいただこう!

 

好きな食べ物、嫌いな食べ物も合わせてママさんと楽しくおしゃべりしながら料理をしましょう。例えばニンジンが嫌いならまずはその原型をみせてあげることも食育の一貫ともなり、一緒に調理をしパパも含めてみんなで楽しく食べることも大切となります。「○○ちゃんが作ってくれたにんじんおいしいね!」家族全員で褒めて美味しそうに食べることで子どもは喜び自信がつき自分も食べてみようかなという気持ちになることもあります。はじめての試みでは意外とすんなりと受け入れる子もいればそうでない子もいますので、またつぎにトライしてみましょう。

 

無理強いは禁物!

 

絶対に食べさせなくてはといった強い気持ちでいると子どもも感じてしまい余計に壁をつくってしまうことが見られるようです。特に叱ったりすることで誰が何と言っても食べないという意固地になってしまうこともあるようです。好き嫌いの一つや二つもしくは三つなど食べなくても健康に害することはないと割り切ってしまうことで、意外に成長していく段階でチャレンジすることも見られるようです。その際はその食べ物を出さないのではなく自然に食卓にだしておくことも必要のようです。いつでも食べていいよと軽い気持ちでいましょう。