小さい頃にサッカーをやるメリットとは何か?

幼稚園児が将来なりたい職業ではサッカー選手とあげる子は多く、国内では野球を抜く人気のあるスポーツでもあります。そして日本でのサッカー人口は年々増えておりJリーグができてからは一層、子供たちに夢を与えるものとされているようです。近年ではなでしこジャパンの活躍により女の子の競技人口も増え益々盛り上がりを見せるスポーツとなっています。そして熱烈なファンでもあるがため我が子に託す思いで習わせる親御さんもいるようです。そのため親が男の子に習わせたいものとして3位にランキングしている結果も見られるようです。そこでここでは幼児期からサッカーをやるメリットはあるのか検証してみました。

 

サッカーができる環境が多くある

 

地域のクラブチームは小学校区内など分けられているところもあり、地域密着として活動しているところも多々あるようです。そして就学前の子供も受け入れているところもあり、幼児専門とした教室などもありいつでもどこでもサッカーができる環境が整っています。監督やコーチはボランティアとして行っているため月謝も安く習うことができるとしていますが、教室などでは少々高くなることも考えらえるようです。そして幼稚園児対象の試合もあり競争心、闘争心なども養い、勝ち負けによって学ぶことも多々あるようです。

 

ボール一つで気軽にできる

 

ユニホームやスパイクなども大きくなるに連れて必要となりますが、幼少期の時期ではボール一つあればできるスポーツでもあります。一人でもリフティングやドリブルなど練習に取り組むこともでき上手くなりたいために向上心なども育むことが期待できるようです。ルールも幼い子でも理解することができるとして早くに吸収することができ楽しみながらできる運動でもあるようです。

 

心身ともに成長できる

 

チームプレーとなりますので、協調性や人を思う気持ちなども自然とプレーをしながら養うことができるようです。そして様々なトレーニング、運動をすることで体力、瞬発力もつきます。幼い頃からスポーツに取り組むことで何もやらなかった子と比べても身体能力の差は歴然と違うことが証明されているようです。そして同じ年代の子だけではなく自分より小さい子、大きい子と同じ環境で行動を共にすることで社会性も身に付くとされていることからサッカーは情操教育として心身ともに成長できるとも言われています。

 

サッカーをやることで様々なメリットがありますが親が子どもにチームへの入会を促す光景も見られますが、まずは親子でボールに親しみ好きになってから本人の意志を尊重してから始めることも大切でもあるようです。いきなり入ってもやる気がなければ続けることは難しく習い事のトラウマとなり兼ねませんので気をつけたいことでもあるようです。