幼児教室の種類一覧表を紹介

現在習い事の一つとして注目されている幼児教室には様々なタイプがあり、それには目的や方針なども違いますが共通して言えることは小学校に入学するまでの幼児が学ぶところでもあり教育を受けるところでもあるようです。そしてそれには多種多様とジャンルがあり大きく3つに分けることができるとしています。ここでは幼児教室の種類一覧として紹介したいと思います。特に子どもの将来のために何かさせてあげたいと考えている親御さんは必読となっていますので最後までご覧くださいね!

 

知育で能力開発

 

特に小さい頃には遊びや音楽、リズム、玩具などを用いて知能の発達を育てるところでもあり、年齢別のクラスとなっているところが多く成長段階や子供のレベルに合わせて教育が行われます。知能以外にも社会性や協調性も重視され少人数でのグループでの学びの場となります。遊び感覚で教材を使いながら文字や数、図形なども身につき0歳からのコースもあり子どもにとっては初めての環境となりデビューの場とする親御さんも多いようです。
そしてIQを伸ばすとして力を入れているところもあり幼児期の脳の発達が著しい時期こそ最適でもあるとし、才能を引き出すために考え抜かれた独自のプログラムが戦略の一つとされ人気となっているところも多々あります。

 

受験対策系

 

幼稚園、小学校受験対策としての教室となりますが、0歳からのコースもあり能力開発のための知能を伸ばすことも対策の一貫として行われます。そしてオリジナルのプログラムによって志望校への合格を目指し必要な知識、基本的な生活マナーなど徹底的に教育しマスターさせることを目的とします。その様なところでは多くの実績や経験をもつことから最新の情報を収集することができるとして、万全の対策で挑むことができるようです。子どもだけではなく親のしつけの仕方や面接での受け答えなども指導してくれる特徴的なところでもあります。そのため月謝はかなり高くなることが一般的でもあるようです。

 

才能開花の専門系

 

ピアノ、英語、絵画、美術工作、体操など習い事としても人気となっていますが、これもまた幼児教室に分類されるものとなるようです。知育を取り入れながらもその才能を引き出したり、向上したりすることも期待できるようです。そして受験のために一つの対策として試験にも多く出題される絵画、工作などは人気でもあるようです。将来音楽関係の仕事として、バイリンガルとなるようにと親の期待により通わせる人もいるようですが、情操教育を目的とする親御さんが多いようです。