仙台の幼児教室FC(エフシー)※赤ちゃんからの教育

はじめにソニー仙台FC公式サイトとは関連ありませんので、注意してくださいませ。当サイトは幼児教育に関する基礎知識を紹介しているウェブサービスになります。

 

近年では少子化に伴い高齢化となっておりこれから先もとどまることなく、2050年には3人に1人は65歳の老年人口になると言われています。そして小学校、中学校などが閉校となる地域も増えているのが現状のようです。しかしその反面、親の幼い頃からの子どもの教育が加熱していることから幼児教室といったものは増えているようです。

 

様々な理念、目的として他と違ったプログラムやカリキュラム、年齢別コースによって社会環境に合わせ親御さん又はお子さんのニーズに合ったものを提供しているということで人気でもあります。そのため子供の数が増えているわけではなくその様な早期教育の必要性から特に人気のあるところでは、定員待ちというところもあり教室を増やすといったことが見られているようです。

 

ここでは仙台の幼児教室FC(エフシー)について調査してみました。東北地方最大の都市でもあり人口密集地ともなっていますので子育て家庭が多く在住しているとして、幼児教室の需要が見込まれる地域でもあるようです。開業に興味がある方、そして特に子供の教育関係に携わりたい又は関わっていた人でフランチャイズを考えている人は最後までご覧くださいね!

 

*しつこいようですが、Sony Sendai FCや郊圭麼匈に関する質問にはお答えすることはできません。

 

レッスンに通っていた親が加盟希望

 

自分の子どもを通わせた親御さんがフランチャイズとして加盟したいという人が増えている教室となっています。それにはここでの教育方針に共感する人が多いからとも言えるようです。経験なしの専業主婦でもありながら独立を検討する人もいるようです。

 

1.成長を続ける乳幼児教育市場と英語市場の2つが兼ね備わっている
2.人材マネジメント不要!授業を行う講師は本部が採用、育成し退職した際にも新たな人材を本部が再雇用してくれる
3.事務業務が不要!生徒からの問い合わせ、月謝集金、会計処理などの教室運営に関する業務はすべて本部が行う
4.黒字化保証があり軌道に乗るまで教室にかかる運営、初期費用以外は持ち出しがなく立ち上げのリスクが大幅に軽減される
5.万一納得がいかなかった場合には本部の買取保証がある

 

教室の立ち上げから運営までFC本部が一括して行ってくれるため、資産運用にと考えている人にもピッタリでもあり本業に専念しながらサイドビジネスとして参画することができるようです。開業資金は1,300万以上となっており高いと感じるかとおもわれますが、本部の確かな充実したバックアップ体制があることで安心して事業を展開することが言えるようです。

 

*JFL ソニー仙台FC公式サイトとは違いますので、問い合わせはお控えくださいませ。

 

業界未経験での安心の教室運営

 

こちらの教室では頭の良い子を育てるのではなく、社会へ進んでいくための必要な要素も独自の学習方法で心と脳をバランスよく育てるところでもあります。そして運営に携わることでその様な未来を背負う子どもたちが相手だからこそやりがいと充実感も得られることのようです。

 

1.マーケティングと商品力で営業利益率30%!教室運営の損益分岐点は生徒数60人程度となっているようです。開講から約半年で確保できる人数となっており、黒字化する一つの目安でもあるようです。
2.初心者でもOK!実績40年の経験で全力サポートとなっているようです。OJT研修、スッタフ採用、集客のための販売促進計画立案などきめ細く指導してくれる
3.時代のニーズに合った(子供のIQ向上など)ものに焦点をおく教育プログラムを持っていることから人気の教室でもある

 

H26年度では1教室の平均生徒数は約125名となっており年間売上は約2,600万、営業利益は30%を見込むことができる魅力あるビジネスでもあるようです。成功への鍵として経営理念への共感と前向きに取り組む姿勢となっているようです。

 

仙台で幼児教室FCを考えている人も増えている現状でどこにするか迷われる人も多いことでしょう。それには一つに決めるのではなくまず何社かピックアップし比較することをおすすめします。開業資金や運営のサポートなどは企業でもまちまちとなりますのでじっくりと納得いくまで検討することも大事でもあるようです。

 

幼児教室の評判!100社以上の分析レポートはこちら